スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【IIDX運指解説】ドルチェ式

ドルチェ式(どるちぇしき)
画像準備中

~運指の特徴~
トップランカーで有名なドルことDOLCE.氏がよく用いていることからその名がついた。通称ドルチェ式、ドル式。
対称固定と3:5半固定を足して2で割ったような中間運指として弱点の穴埋め的な運指だと個人的には思っていますが常用も十分可能かと思われます。
1048式ほどではありませんがゴリ押しで皿もある程度いけます。


~メリット~
皿絡みの隙が少ない
ドルチェ式の一番のメリットはここ。

対称固定に比べると皿への距離が近いのと、必ずしも皿がらみで崩さなくてはいけない訳ではないので対応力が大きい。
1048式に比べるとベチャ押しがやり易い点もメリットでしょう。


では具体的に対称固定と比較した場合の左手の崩し方の差に注目してみましょう。


対称固定からの崩し
         1  2   3
対称固定  左薬 左中 左親

3:5半固定  左親 左人 右親
ベチャ押し  左親 左人 左親


ドルチェ式からの崩し
         1  2   3
ドルチェ式  左中 左人 左親

3:5半固定  左親 左人 右親
ベチャ押し  左親 左人 左親

これは「崩し後も同じ指でその鍵盤を押す」場合を赤字にしてみました。
要するに指の位置を変えなくてもいい指です。

対称固定の場合
→3:5半固定:手の位置を全体的に変えるために左手を大きく動かす。共通指0
→ベチャ押し:親指を軸に薬指と人差し指を移動させる。共通指1

ドルチェ式の場合
→3:5半固定:人差し指を軸に親指を皿側にひねる。共通指1
→ベチャ押し:中指を外側に弾く要領で開く。共通指2


まとめると「皿絡みで崩す時に指の位置を変える必要が対称固定よりも少ないので隙が少ない」というところでしょうか。



1Pなら3軸、2Pなら5軸譜面に強い
1Pサイドプレイヤーならば3軸、2Pプレイヤーなら5軸。ほとんどのプレイヤーはこれが苦手です。

皿がらみの1~3を左手だけでカバーするベチャ押しになると13鍵の絡みが難しい。
皿がらみの5~7を右手だけでカバーする3:5半固定になるとどっからしらの鍵盤がおろそかになってしまう。

といった具合に崩しが前提になります。

しかしドルチェ式の場合は皿がらみで3軸にちょいちょい入ってくる1鍵は中指の移動だけで取ることが出来ます。3と1が同時に降ってくる軸譜面ならベチャ押しでいいのですが、1と3が別のタイミングで降ってくる場合にドル式が有効です。


ex)卑弥呼(A)
cap_000078_20090902101020.jpg

卑弥呼(A)乱での上記の譜面が来た場合、かなりの密度なのでで3:5半固定だけで3~7をカバーするのはかなり困難なので必然的にベチャ押しを使わざるを得ないと思います。

このスピードですとベチャ押し→対称固定に戻すのはかなり厳しく1鍵は同時押し気味になってしまう可能性が高いと思います。

そんなとき以下のようにのところを左中で取ることが出来ればそんなにハズレ譜面でもなくむしろ当たりの部類になると思われます。
cap_000078_20090902102658.jpg



1P 12トリル以外は取り易い
※皿が無いときの場合です。
ここら辺は個人差があるかと思いますが、トリルは全体的にかなり取り易いのでそこもメリットかなと。手の角度を色々変えることで自分のやり易い形で打てると思います。

13トリルの取り易さ
ドルチェ式>=対称固定>>>>1048式

23トリルの取り易さ
対称固定>>ドルチェ式>>>>>1048式

12トリルの取り易さ
1048式>>>>>>対称固定>ドルチェ式

個人的な見解なので適当ですが。トリルによって使い分けるのもありなのかなと個人的には思います。

指の力が無くても対称固定より高速乱打が押せるので手っ取り早く押したい人にはいいかもしれません。




~デメリット~
4鍵フォロー的な意味で対称固定に負ける
人差し指を2→4鍵に移動することで2鍵が来ないフォローならとっさにすることが可能なのであまり大きなデメリットではないですが。


ドル式のデメリットがこれ以上出てきません…。


~練習方法、練習譜面~
基本的には対称固定と同じように色々な譜面をやるのに限ります。皿絡みにいかにフィーリングでうまく捌けるかが焦点になってくると思うので皿側に軸がある譜面をやるのががいいかと思います。

練習曲
何でもいいと思いますが強いてあげるなら軸譜面かなと。

・Colorfull Cookie(A)
・SOUND OF GIALLARHORN(A)
など

~他の運指との組み合わせ方など~

ドルチェ式をメインで使う場合ほとんど単体でカバーできるのであまりテンプレのようなやり方はないと思いますが思いつくものだけさらっと。

1軸譜面
必要に応じて3:5半固定でカバーしていくスタイルになるかと。
ドル式のみでは一番辛い譜面かもしれません。

2軸譜面
基本はベチャ押しと半々ぐらいで使い分け。中指の移動速度が重要なので柔軟性鍛えておくといいと思います。

3軸譜面
皿の前後はベチャ押しでの処理で取れそうなところは腕の移動速度でゴリ押すスタイル。


ロクな解説になってないですねorz


~参考動画~

自分の力では見つけられなかったのでドルチェ式メインの方の動画見つけましたらご一報ください!
もしくは自分で撮るか・・・w
スポンサーサイト

【IIDX運指解説】3:5半固定

3:5半固定(さんご はんこてい)
画像準備中
35.jpg


~運指の特徴~
左右の手の分担する数が3:5(左手S12右手34567)であることから3:5半固定と呼ばれています。
常に左手は更に届く位置なので皿がらみに強い運指です。
また、ベチャ押しスライドと3:5半固定は具体的な切り分けができないので3:5半固定に含める場合がありますが、このコラムでは別の運指として扱っていきます。
ですが、3~7をすべて右手で担当する関係で隙ができるので鍵盤運指(対称固定、1048式など)のフォローとしての運指という立ち位置になるでしょう。
上を目指すのであれば習得はほぼ必須。
対称固定がメインの人だといつの間にかこれかベチャ押しが出来るようになっているはずです。
また、S12の同時押しが片手で届かないとなるとかなり厳しいです。

~メリット~
皿が回しやすい
3:5半固定の一番のメリットはこれ。運指を崩すことなく皿が回せるのは大きな利点になります。皿曲だとむしろ必須ですね。
場合によっては右手で2のフォローを入れられれば連皿に対する運指としてはこれ一本で十分です。

皿+同時押しに強い
上にいけば行くほど、皿+同時押しの鍵盤数が増えていきます。
対称固定や1048式を使っているとまずこの配置が鬼門になると思います。

Dazzlin' Darlin(A)
cap_000079.jpg

3:5半固定はこういった皿+同時押しに強いです。ただし「押し方が頭で分かっている」というのが前提なのでそのため練習量が多く必要で完璧な習得までは長い時間を要します。
上にいくにつれ重要なスキルですので、早い習得をおススメします!

押し方については最後の方に後述します。

ベチャ押し・スライドがしやすい
3:5半固定で一番重要なのは左右の親指です。指先だけで押せなくなるぐらい忙しい譜面がきたらベチャ押しにするとか指が足りないときにスライドさせてなんとか凌ぐといった芸当が3:5半固定は非常にやりやすいです。指の形がまったく同じですからね。

ベチャ押しもMENDES(A)等の皿+同時レベルになってくると必須なので3:5半固定でどうしても押せないと思った配置が来たら試してみるといいと思います。

慣れるまでにかなり時間がかかると思いますが、S13の同時押しだけでもベチャ押しで押せるようになっておくといいかと。


~デメリット~
鍵盤に弱い
指の数が鍵盤と1:1でない運指ではやむを得ないのですが、どうしても高密度譜面では押せても光らせることができなかったりとかなり難しい運指です。
3:5+ベチャ+スライドを駆使することで皆伝を取るレベルぐらいまでは問題なくいけると思いますが、鍵盤を光らせるという観点から言うと鍵盤運指(対称、1048式)なども使えるようになっておくに越したことはないでしょう。

習得が比較的難しい
対称固定などは完全に指の配置が固定なのに対して3:5半固定では「必ずこう押す」という決まりがありません。形さえ頭に覚えこませれば押せる運指ではないと言うことです。

同時押しのパターンを頭に入れたり親指の動きをシュミレーションしてみたりといった努力が多く必要になります。その点では効率の悪い運指かもしれません。そのぶん、覚えた時の効果は大きいですが。

~練習方法、練習譜面~
3:5半固定の練習法でおススメなのが「1バスの曲を正規+3:5半固定縛りでプレイする」です。
通常3:5半固定は皿がらみ以外ではあまり使う機会がありません。そこで1バス曲を正規でプレイすることにより皿+同時押しに1が多く絡み3:5半固定を使わざるを得ない状況をあえて作り出すことによって早い速度で習得できるかと思います。

練習する曲のレベルですが、なるべく☆5程度のものから手を付けていくのがいいのかなーと思います。あまり最初から難易度を上げていってしまうと押し方が汚くごり押しになってしまう可能性があるので基礎から固めていくのが無難かなぁと。

まず正規でユーロビート系の1バス乱打曲や同時押し曲で基礎を身につけてから、ランダムを入れて練習するのが近道かなと。


練習曲
1バス全般(正規)
ユーロなどの4分~8分でバスが来るものが特におススメ

~他の運指との組み合わせ方など~
3:5半固定は皿がらみの崩し用として捉えるとそれぞれの鍵盤運指(対称固定や1048式など)からの切り替え速度と精度が重要になってきます。

対称固定→3:5半固定
手を大きく移動させなければならないので何度もプレイして位置を覚えることが一番。慣れてきたら
対称固定から3:5半固定、ベチャ押しのどちらかを使い分けて押せるようになると吉。
<練習曲>
WAR GAME
CROSSROAD
waxing and wanding
R5

Yabis Starlight

1048式→3:5半固定
親指を軸にして切り替えます。その際1048式では押し皿で取るか引き皿で取るかの2パターンが考えられます。両方取れるようになって取りやすい方で取れると理想。
<練習曲>
stoic
MAX LOVE

ドルチェ式→3:5半固定
親指が3、人差し指が2に来ているので中指を開くだけで切り替えが可能。そのため切り替え時間が少なくなり隙もなくなります。この組み合わせはベチャ押しと組み合わせると3軸にかなり強くなれます。
<練習曲>
Colorfull Cookie
SOUND OF GIALLARHORN


3:5半固定→対称固定
手の動きが大きいので技術うんぬんよりただ慣れることが一番ですね。対称固定をずっとやっていれば左手の移動速度そのものも上がってくるので自然と上手くなるかと思います。鍵盤を叩くのに余裕をもつことも大切です
<練習曲>
quaser
AA
KAMIKAZE
waxing and wanding

3:5半固定→1048式
皿を押しでも引きでも取れるのが特徴です。鍵盤との絡みで取りやすさは変わってくると思うので自分のやりやすいスタイルを確立できるといいかと思います。
<練習曲>
stoic
5.1.1
WAR GAME

3:5半固定→ドルチェ式
<練習曲>
Concertino in blue
BITTER CHOCOLATE STRIKER

~同時押しの押し方~
3:5半固定での皿がらみの基本的な取り方だけ列挙していきます。Sは左子固定なので省略

S13
1 左親
3 右親

S135
1 左親
3 右親
5 右人or右中

S1357
1 左親
3 右親
5 右人or右中
7 右薬or右子

S13567
1 左親
3 右親
5 右人
6 右中
7 右薬or右子

S13457
1 左親
3 右親
4 右人
5 右中
7 右薬or右子

6個以上の同時押しだとベチャ押し交じりで押すことを推奨するのでそれはベチャ押しの方で解説します。全押しについても別のページで記述するつもりです。


~参考動画、URL~

とりあえず自分の動画を上げておきます。

1曲3:5半固定で通してプレイしています。


2曲目からが3:5半固定縛りでプレイしています。この当時は中指で5番があまり押せてなかったですね。

【IIDX運指解説】対称固定

対称固定(たいしょうこてい)
Image173.jpg

taisyo_temoto

~運指の特徴~
左右の手が左右対称の形になっていることから対称固定と呼ばれています。
なんといっても一番の特徴は「4鍵が左右どちらの手でも取れる」というところ。~☆11程度の難易度なら押すだけ(スコア度外視)ならば、よほど片方に寄るハズレ譜面でも無い限り乗り切れてしまいます。


~メリット~
鍵盤に強い
1つの鍵盤につき1個以上割り当てる運指なので当然ですね。特に真ん中よりの譜面に強いです。対称譜面に強いとよく言われますが、慣れてしまえば1048式やDOLCE式も実際あまり変わらないのであまり関係ないかと思います。
指さえ動けばほとんどの譜面に対応できます。

4鍵が左右で分担して取れる
光らせるためにはかなり重要なことです。

典型的なのがこういう譜面。V2(H)の道中。
cap_000077.jpg
24+57の同時押し
13+46の同時押し
が交互にやってくる特徴的な譜面です。押すだけなら十段程度の実力があれば問題ありません。

こういう譜面を光らす上で4鍵フォローが重要になってきます。

「黄色の中心線」をまたいで
左側→左手で押す
右側→右手で押す
と考えてください。(1P譜面なので2Pは脳内変換してください)

     4鍵フォローなし            4鍵フォローあり
ta_nf.jpg ta_f.jpg
左の画像は1~3を左手、4~7を右手と分けてすべてそれで裁くというスタイルです
右の画像は1~3は左手5~7は右手で、4は左右の手で分けて裁くスタイルです。

どちらが光るといえば一目瞭然ですよね?
当然フォローがあった方が光ります。「こんなん左の画像で押しても全ピカ余裕www」という人ならば問題ありませんが、BPM200だったらさすがに無理でしょう。
BPMが早ければ早いほど4鍵フォローの価値は大きくなります。

また、乱打譜面や階段譜面で交互に使うことにより指への負荷が分散され、光りやすくもなります。

この4鍵フォローが対称固定の最大の特徴ですね。
個人的な考えとしてハッキリ言ってしまえば、このフォローが使えないならば対称固定を使うメリットはほとんどないと思います。

他の運指への切り替えがしやすい
これは少し分かりずらいと思いますが…。

通常の対称固定では
1鍵→左手薬指
2鍵→左手中指
3鍵→左手親指
といった配置になっていますね。

常にこの配置でいけるはずがないので崩すことが多々あります(動かしにくい配置や、皿がらみなど)
対称固定はその際の切り替えがしやすいのです。

例)
対称固定→1048式
1鍵 左薬→左親
2鍵 左中→左中
3鍵 左親→左人
→2鍵の中指が重複しているので親指を皿側にひねって切り替え。
(参考画像準備中)

対称固定→ベチャ押し
1鍵 左薬→左親
2鍵 左中→左人
3鍵 左親→左親
→3鍵の親指が重複しているので左手を開いて切り替え
(参考画像準備中)

といったようにいろんな運指に切り替えやすい運指でもあります。



~デメリット~
崩しが必須 = 他に運指が必要
理論上対称固定のみでは皿が回せないので、皿+1~3に絡む同時押しが来た場合には必ず崩さなくてはなりません。それに伴なって3:5半固定やベチャ押しといった運指も加えて必要になってきます。


端に寄った譜面に弱い
12トリルや67トリルなどを中、薬で叩かなければならないので指が動かない場合はかなりツライです。慣れてくればある程度のスピードまでは押せるようにはなりますが、慣れるまでが大変です。
早い12トリルは3:5半固定の形で叩けるスキルも必須になります。
67トリルは7を薬→子に変えることである程度叩きやすくなります。

皿がらみの課題が多いのでそこをいかに解決するかがポイントですね。


~練習方法、練習譜面~
対称固定の練習方法は、「鍵盤曲をやり続けること」です。
運指の形そのものは非常に単純なので、意識的なものはすぐ根付きます。
指さえ動くようになってしまえば、いいだけですからね。そのための指トレや、ストレッチも有効かと思われます。ただし、腱鞘炎にはくれぐれもご注意ください。

練習曲
どんな曲でも練習になるが、強いて言えば
quaser
AA
LASER CRUSTER


~他の運指との組み合わせ方など~
対称固定を習得すること自体は非常に簡単ですが、本当に重要なのは「いかに崩しのバリエーションと精度があるか」にかかってくるかと思います。

皆伝クラスの実力を目指すなら3:5半固定+ベチャ押しなどのスキルは必須になってきます。それらのスキルが身についた対称固定は万能なので頑張りましょう。使える運指は多いほど良いです。
それぞれの運指については別途解説しますのでそちらをご覧ください。

個人的におススメするのが3:5半固定とベチャ押し+スライドです。

通常→対称固定
皿がらみ→3:5半固定
乱打に混ざる皿→ベチャ押し、スライド

という感じでバランスよく使い分けることができればほとんど隙がなくなります。

崩しの最大の上達法はどう押せばいいのかを考えて実践していかないと身につかないので自分自身でどう崩すかを常に考えながら練習を積むことが重要だと思います。

練習曲
1or2or3バス曲全般(正規縛りで)

おススメは
Yabis Starlight(A)
罠(A)
rottelシリーズ(A)
3y3s(H,A)


~参考動画、URL~
対称固定といえばTOTORO氏でしょう。


【IIDXコラム】まとめ記事

当記事は運指コラムと、通常コラムのまとめ記事になります。
各記事へのリンクと、運指について書いてあります。各記事が完成次第リンクを追加していきます。


<運指コラム>
各運指の特徴、使い分け方、練習方法、練習曲などをまとめてあります。
運指に悩んでいる方は参考になるかもしれません。
 → 対称固定
 → 1048式
 → ドルチェ式
 → 3:5半固定
 → ベチャ押し、スライド


<通常コラム>

IIDXについてのぐだぐだ書き物です。
3,4,5,6,9はほとんど自己満足なんでよくよく考えたらコラムじゃないようなw

【IIDXコラム beat#1】指の訓練と独立性
【IIDXコラム beat#2】個人的に練習になる曲&練習方法
【IIDXコラム beat#3】3:5半固定でどこまでいけるのか?☆10編(記事消失)
【IIDXコラム beat#4】3:5半固定でどこまでいけるのか?☆11+12編
【IIDXコラム beat#5】☆12を皆伝平均と争ってみた
【IIDXコラム beat#6】続・☆12を皆伝平均と争ってみた
【IIDXコラム beat#7】皿複合の運指について考えてみる
【IIDXコラム beat#8】2P側ランカーの動画を1P側にコンバートしてみよう!
【IIDXコラム beat#9】DJTの自分とスコアを競ってみた
【IIDXコラムbeat#10】立ちプレイ環境を構築しよう!

プロフィール


YUU

Author:YUU
両サイドBMSプレイヤー。
どっちも対称固定+ベチャ押しでやってます。
Twitter: @iidx_yuu


1Pサイド
対称固定-L
LR2ID:013137(★★)
難易度表未難6

Stairway
insane
overjoy


2Pサイド
対称固定-R
LR2ID:013317(★8)
★23半分ぐらいイージー

Stairway
insane


お役立ちリンク
DPクリア状況
発狂BMSツール集
難度推定表

多機能カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


RSSフィード

リンク

最近のコメント

  • 07/18:YUU

  • 07/16:

  • 07/15:YUU

  • 07/14:海燕

  • 07/06:YUU

  • 07/04:O.M

  • 07/01:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。